電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 水産庁の20年スケソTAC案 太平洋3万トン減

新聞記事

水産庁の20年スケソTAC案 太平洋3万トン減

2020年02月10日


 水産庁は5日、2020年漁期のスケソ漁獲可能量(TAC)設定に関する意見交換会を札幌市で開き、太平洋系群について、19年比3万トン減の14万3000トンとする案を示した。一方、日本海北部系群は資源の回復傾向を踏まえ、17年以降続いていた過去最低枠より400トン増の6700トンを提示した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る