電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸

新聞記事

東北北陸一覧

掲載日:2017.12.11

青森、秋サケペースダウン

水揚げが減少に転じた秋サケ(4日、三沢市場)

 青森県の秋サケ漁獲は12月に入り減少に転じた。太平洋の三沢市場では豊漁の続いた定置1カ統が続落、白糠でも1日2千尾前後にペースダウン。津軽海峡の大畑では300~400尾とブレーキがかかった。「もうひとヤマ」に願いがかかる。価格は高騰が続く。


掲載日:2017.12.11

サバ自動選別装置/青森県食品総合研究所

サバの自動選別装置

 青森県産業技術センター食品総合研究所(八戸市)がサバの自動選別技術を開発、実用化した。毎分100尾をマサバ、ゴマサバの種類別と素脂肪分で分ける。「八戸前沖さば」のブランド力向上が狙いだ。選別装置は同市の加工企業で3月まで実証試験。その後、民間での導入が期待される。


掲載日:2017.12.04

岩手殻付カキ販売苦戦

殻付カキの浄化(赤崎)

 岩手県の殻付カキが販売に苦戦している。身入りと需要の高まる時期を迎えたが、11月下旬の受注は三陸やまだ漁協が日産1万6000個、大船渡市漁協赤崎支所が1万5000個ペースと伸びない。安価な他県産の出回りが影響しているようだ。生食用となるため、ノロウイルスの発生が気がかり。


掲載日:2017.12.04

首都圏・鮮魚の東信水産 青森県フェア開催

青森県産マサバとマダラ

 首都圏を中心に生鮮魚介専門店を31店舗展開する東信水産㈱は11月22~28日、青森県と連携した旬の県産魚介類を提供するフェアを全店舗で行った。25日には杉並区の荻窪総本店に三村伸吾青森県知事、生産者を代表して小川原湖漁協の濱田正隆組合長などがPRに来店。三村知事による軽快なトークで会場は盛り上がった。


掲載日:2017.12.04

宮城のホタテ 唐桑で半成貝増産

地種成貝の来季の出荷に向け、付着物を掃除し丸かごに収容するホタテ

 宮城県漁協唐桑支所のホタテ養殖で6月、外洋(広田湾)で増産した半成貝3万枚を内湾(気仙沼湾)の生産者が購入し耳づりした。県の事業によりパールネットなどの資材が貸与され増産。来季は枚数が増える見通しだ。県は他地区の地種も支援したい考えで、地種を増やしての周年出荷復活が大きな狙い。


掲載日:2017.12.04

6次化ブランド「ふくしま満天堂」 首都圏でテスト販売

「かつお浅炊きおろし煮」など県漁連の加工品

 福島県は、県産農林水産物の6次化商品として創設した共通ブランド「ふくしま満天堂」のテストマーケティングを首都圏でも始めた。11月から1月にかけて計5回実施。試食やアンケートなどを行い、消費者の声を商品に反映させていく。


掲載日:2017.11.27

全国審査会 山神、最高賞に輝く

粉付けの手間なく調理できる「漁師のほたてフライ」

 株式会社山神(青森市)が製造・販売している「漁師のほたてフライ」が今年度の全国水産加工品総合品質審査会で、最高賞の農林水産大臣賞を受賞した。大学生が選ぶ特別賞「若者大賞」も獲得している。


掲載日:2017.11.27

岩手ワカメ 水産技術センターの無基質採苗

無基質採苗の種をクレモナ糸に付着、育成した「半フリー

 ワカメの無基質採苗に取り組む岩手県水産技術センターは今季、糸に付着させた種苗(半フリー)も生産、供給している。昨シーズンから配布した葉の接合体種苗(フリー)より挟み込みやすく、生産者の要望が高かったからだ。無基質採苗は収穫期間の前倒しによる長期化と増産が狙い。大震災後に生産量が戻らない中、注目、期待され、養殖を試みる地区が拡大する。


掲載日:2017.11.27

宮城乾のり「最高の幕開け」

初入札で品質を入念にチェックする買受人

 宮城県産乾のりの初入札が21日、県漁協塩釜総合支所共販所で開催された。2140万枚が上場、100枚当たり1317円平均で落札され、昨シーズンを9%、106円上回った。全国的な在庫払底が要因。県漁協は「最高の幕開け」と喜ぶ。今季も高値が期待できる流通環境で、生産目標は昨シーズン(4億1952万枚)並みの4億枚。


掲載日:2017.11.20

岩手アワビ資源に陰り

「アワビが少なく見えない」という重茂漁協の集荷(14日)

 岩手県のアワビは開口が進んでも出荷量は好転せず、「ものが見えない」という浜が多くなっている。大震災での津波による稚貝被害や人工種苗放流の中断、餌不足も加わり漁獲可能サイズに加入する個体数が減っている恐れがある。減産懸念が漏れ始めた。


アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る