電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸

新聞記事

東北北陸一覧

掲載日:2017.06.26

青森・外ケ浜漁協の髙森さん 「未利用魚セット」首都圏へ

未利用魚セットの一例

 青森県外ケ浜漁協の蟹田地区でかご網や刺網漁に着業する髙森優(ゆたか)さん(鷹丸)は、傷が付き活魚で出荷できないクロソイやカレイなどの付加価値向上に力を入れている。えら切りと神経じめを施し、3キロ詰めの発泡を「未利用魚セット」と名付け、主に関東圏の消費者へ提供。「力強い漁業の新たなスタイルを発信していきたい」と意欲を燃やしている。


掲載日:2017.06.26

岩手県漁協系統団体総会 大井会長が留任

岩手県漁連の通常総会

 岩手県の漁連(大井誠治会長)と信漁連(岩脇洋一会長)、共済組合(前川健吾組合長)は20日、盛岡市の県水産会館で本年度通常総会をそれぞれ開催した。いずれも昨年度事業報告、本年度事業計画などの議案を原案通り可決、決定し、役員の任期満了に伴い改選。総会後のそれぞれの理事会で、大井会長、岩脇会長、前川組合長の留任を互選で決めた。


掲載日:2017.06.26

岩手・吉浜の伊藤さん ウニ採るたもに爪

伊藤さんが今季使うたも

 岩手県大船渡市の伊藤久直さん(吉浜漁協組合員)はウニを採補する手作りのたもに改良を重ねる。今季はたも枠から伸びる爪の先を鋭角にし、その爪に網が掛からないようステンレス製の針金(ホデ)を付けた。岩盤に付く身色の良い中サイズのウニを箱眼鏡で探し、剥がすように採るためだ。


掲載日:2017.06.26

青森県漁連 新会長に三津谷氏

 青森県漁連は20日、青森市の水産ビルで通常総会と理事会を開き、任期満了に伴う役員改選で2期6年会長を務めた赤石憲二氏の後任に平内町漁協組合長の三津谷廣明氏(77)を選出した。


掲載日:2017.06.19

秋サケに水温の壁 盛岡で「さーもん・かふぇ」研究者が発表

盛岡市で開かれた「さーもん・かふぇ2017」

 「さーもん・かふぇ2017」が14日、盛岡市で開かれた。秋サケの昨年度の来遊不振で水温上昇、長期的な減少傾向で気候変動の影響が指摘された。環境を前に打開策が難しい中、変化に対応するため水温が下がる後期の資源復活に期待がきかれた。今季の来遊では厳しい見通しも示された。


掲載日:2017.06.19

岩手県 ウニ10万円超続出

出荷不足が続く岩手のウニ(13日、唐丹町漁協)

 岩手県のウニは6月前半、初開口(操業)、出荷不足が相次いだ。餌となる海藻が減り身入りや色が良くないためだ。盛漁期入りしての品薄で同月後半分入札は一段高、10万円超え(むき身10キロ値)が続出した。好転に期待がかかるが、望み薄という見方も。出荷不足、高騰が続く可能性がある。


掲載日:2017.06.19

東京・中目黒 バルで「あまころ牡蠣」

あまころ牡蠣

 復興を象徴するカキ、宮城県南三陸町の「あまころ牡蠣」の提供が東京都内のバルスタイルの飲食店でも始まった。デビューとなった昨年は出荷数に限りがあったため、一部のオイスターバーチェーン店でのみの提供だったが、2年目の今年は増産化に成功。昨年の5倍近くの10万個出荷の見通しが立ったため、販路を広げることができた。


掲載日:2017.06.12

新潟水揚げ昨年の6割、成長遅れも/日本海スルメイカ釣り

新潟港のスルメイカ水揚げ(6日)

 新潟港のイカ釣り水揚げは隻数、箱数とも上向くのが遅れ低調なままだ。6日までの今季累計は2万30箱、前年同期の6割。引き続きバラ中心でサイズアップが遅れていることもあり、30尾中心の石川県沖で操業する船が北上しない。価格は型が小さいながらも堅調だ。


掲載日:2017.06.12

宮城県女川町の地方卸売市場が完全復旧

完全復旧した女川魚市場

 宮城県女川町の地方卸売市場竣工式が5月30日、同市場で挙行された。東日本大震災で被災した施設の新設復旧で、女川漁港に東、中央、西の各荷捌場と管理棟が4月までに完成。水産の町・女川の拠点となる魚市場の完全復旧でしかも高度衛生管理型となり、水揚げ増加、復興の弾みにと期待が膨らんだ。


掲載日:2017.06.12

ホタテ・カキでカレー/アワビがヒット、手応え

大ヒットした「三陸まるごとあわびカレー」。レトルト商品で4分割したアワビ1個が入る

 岩手県大船渡市のカレーハウス・KOJIKA(鈴木典夫代表、電話0192・47・4777)は5月、レトルトの「三陸まるごとあわびカレー」2千食をほぼ完売した。地元のホタテとカキを次の素材にカレー製品の開発を進め、早ければ7月に販売する。
 あわびカレーは180グラムをレトルトパウチに入れ2700円と高価。4分割したアワビ1個が入る。三陸まるごとシリーズの第2、第3弾として、同市綾里地区のホタテ、赤崎地区のカキに白羽の矢が立った。
 鈴木代表は「カキは商品開発が終わって量産する段階。ホタテは9割方開発できた。7月までに(パッケージの)箱ができればいい」と笑顔で話す。早くも盛岡市の百貨店から、アワビを含む3種類をセットでギフト製品にという話がきているという。


このページのTOPへ戻る