電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸

新聞記事

東北北陸一覧

掲載日:2018.04.16

いわきユナイト フードセレクション開催

フードセレクションの様子

 福島県いわき市の食の価値と流通を創る地域商社・いわきユナイト株式会社は、いわき発信の食品を紹介・販売する「いわきフードセレクション」をうすい百貨店(郡山市)で11日開始。いわき商工会議所の協力で、6月10日までの期間限定で展開する。売り場にはメーカー自らが立ち、試食販売をする機会も設け、消費者の声を聞きながら今後の商品開発に生かしていく。


掲載日:2018.04.16

宮城県漁協唐桑支所 副産物が駅弁デビュー

気仙沼湾のアカザラガイ

 宮城県漁協唐桑支所(畠山政則運営委員長・気仙沼市)のアカザラガイが21日、駅弁にデビュー、加工品3種の販売も始まる。カキ養殖の副産物で地元消費され、一般には流通していなかった。「眠っている食材の知名度が上がる」と期待が高まる。


掲載日:2018.04.16

石巻市 フィッシャーマン・ジャパンの直販サイト「海のヒットマン」

 漁業の担い手対策で斬新な取り組みが始まった。好きな漁師に仕事を依頼し、技を披露してもらう新感覚通販サイト「海のヒットマン」が3月29日にスタート。一般社団法人フィッシャーマン・ジャパン(石巻市)が、若い世代の興味を引き、水産業をもっと身近に感じてもらおうと仕掛けた。購買などの潜在的な需要や就業希望者を掘り起こす可能性がある。


掲載日:2018.04.09

女川の鮮冷 海外展開に弾み

認証取得した鮮冷の工場

 株式会社鮮冷(女川町)はこのほど食品安全システムの国際規格「FSSC22000」の認証を取得した。海外展開に向け弾みをつける。


掲載日:2018.04.09

ホタテ玉冷 3月末3400トン適正在庫に

 玉冷の2017年度3月末在庫は、適正範囲内の3400トンとなる見通しだ。内販は流通価格の下方修正が奏功し昨年を上回る消化。輸出は米国中心に後半伸びた。


掲載日:2018.04.09

大間・奥戸漁協 殻付ウニ4000円超も

大間漁協の下手浜漁港荷捌所に出荷されたウニ

 青森県の津軽海峡でウニ漁が活発化してきた。大間町の大間、奥戸両漁協はかご漁獲で殻付出荷し、合わせて4~5トンに上る日もある。だが例年同様、激しい身入りの差が価格を大きく左右し、水温が上がるこれから身入り上昇に期待がかかる。これまで、大間の新根海域漁獲の価格が破格、高値はキロ4000円を超え昨季の2倍以上だ。


掲載日:2018.04.09

イサダ高騰150~120円 宮城の漁好転も修正なし

大漁が待ち望まれる宮城県のイサダ(3日、志津川漁港)

 三陸のイサダ価格が高騰している。宮城県の不漁が響いてキロ150~120円前後に上げ、漁が上向いても宮城、岩手両県とも修正なく高値張り付き。女川では2日、高値が157円となった。不漁と予想を超える高値で関係者は困惑気味だ。


掲載日:2018.04.02

岩手県 高水温に強いサケ増産

回帰率向上、水揚げ増加が切望される岩手県の秋サケ

 岩手県は秋サケとナマコの増殖で新たな取り組みを開始する。秋サケでは、稚魚放流後の水温上昇の早まりを近年の不漁の一因とみて、高い海水温に耐性があると推測される北上川水系の稚魚の遺伝子解析。沿岸河川水系で高水温耐性のある稚魚を特定・作出・増産に挑戦する。ナマコでは人工種苗の量産化を念頭に、食害を及ぼすシオダマリミジンコの駆除技術開発を狙う。


掲載日:2018.04.02

青森ヤリイカ棒受網ハシリ好漁

七ツ滝の前浜で大漁となったヤリイカ(3月27日、小泊漁港)

 青森県日本海のヤリイカ漁は、小泊、下前両漁協の棒受網が例年より早めに活発化し好漁、値も堅調だ。小泊では3月27日、北前で大漁となり1300箱(1箱3キロ)を超えた。鰺ケ沢、深浦方面の底建網は最終盤、鰺ケ沢が好調を持続。


掲載日:2018.04.02

ゼネラル・オイスター 工場「牡蠣ノ星」強化

女性に人気のジェノベーゼなどカキ加工品

 オイスターバーを運営する株式会社ゼネラル・オイスターは、岩手県大槌町安渡地区で昨年稼働を始めた新工場「牡蠣ノ星」で生産する商品を拡充している。洋風でおしゃれなカキ加工品を打ち出している。3月下旬には東京・東銀座にある県のアンテナショップ「銀河プラザ」に初出品するなどPR活動にも力を入れている。


アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る