電子版 電子版サンプル

「水産業界をリードする新聞」を編集方針に、水産業界のあらゆる情報を網羅。

#

#

特集記事

青森県後潟漁協小鹿亮太さんホヤ養殖で勝負

発泡詰め作業。海水氷で鮮度保持を徹底している(16日、小鹿さんの作業場)

 今年3月、青森市漁協職員から後潟漁協の組合員に転身した小鹿亮太さん(久富号=3・5トン)は、マボヤの本格養殖に力を入れている。成育は良好で初水揚げとなった4月以降、6キロ発泡で大半が10~12玉の大型サイズ。身入りの良さも評判となり、出荷先の青森中央水産からも高評を得ている。

この時期におすすめ

このページのTOPへ戻る