電子版 電子版サンプル

HOME > 2009年

新聞記事

2009の記事一覧

掲載日:2009.10.26

ニューヨーク魚事情を見た 市場は鮮魚でいっぱい

 世界的に魚の需要が高まる中、ニューヨークの魚市場とスシを見てきた。市場は冷凍物が中心という事前情報に反し、鮮魚であふれていた。ボストンの本マグロをはじめ、サーモン、エビ、タラ、スケソ、オヒョウ、サバ、カキ、ホタテ、イカ、タコ、ウニなど魚種は驚くほど多い。健康志向で普及したスシは、ニューヨーカーにすっかり定着、巻物ばかりか握りも今や定番。ヘルシーな日本食の浸透もあって水産物の流通は活発だ。

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2009年10月26日付)


掲載日:2009.09.07

みんなで歌うシングシング ライブバーSING SING SING

廣中ママが華やかなステージを繰り広げる

 ナイトクラブの殿堂・21世紀やバニー&バンドのザ・ロイヤルのボーカルとして実績を積んだ廣中睦美ママが、4年半前にオープン。大人のスタンダードジャズや小粋なポップスが楽しめる。

 ボーカルはママを含め女性4人が在籍。ロイヤル時代からのコンビ泰子さんと、亜希さん・美妃さんの若手が華やかなステージを彩る。

 料金システムは分かりやすい。フリーの場合、2時間(2ステージ見当)飲み放題男性4200円、女性3500円。延長は30分ごとに500円。営業7時30分~1時。4ステージある。日・祝日休み。
問い合わせ先

中央区南6西4 G4ビルB1
電011・512・6700

 

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。


掲載日:2009.08.30

スナック「ラベンダー」 35年の経験と25周年の実力

加寿美ママ(左)とサポート役の嘉恵さんは息の合ったコンビ

 水産業界の常連さんも多いという。カウンターだけの12人で満席になる小さな店だが、五条通側が全面ガラス張りになっていて、適度な広さと落ち着きを感じる。秋には開店25周年を迎える。浮沈が常のススキノで35年も頑張れた秘けつは─。
 

 「なんも。お客さまに育てていただいただけですよ」と加寿美ママは控えめ。サポート役の嘉恵さん
との息の合ったコンビは15年にも。

 お通しはママ手作り。チャーム料2500円。ウイスキー8千円~、焼酎2500円~。「新聞見た」でボトル半額のサービスがある。
問い合わせ先

中央区南5西5  第2旭観光ビル3F 
電011・512・4193

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2009年03月30日付


掲載日:2009.08.16

踊ろう歌おう カラオケ&ダンス 「ステップ・愛(ラブ)」

軽快なステップで踊る小畑ママ

 フォーマルなソシアルダンス中心の昼の部(正午~午後5時)には、中高年の「セレブ系」が集う。

同6時~同11時の夜の部はアップテンポの曲も集め、CDやカラオケのダンスミュージックに合わせ、ステップを踏む。

 小畑勝子ママは、映画「シャル・ウイ・ダンス」直後のブームが冷めたわけではない、と感じている。「初心者大歓迎。店育ちのベテランが、ていねいに手ほどきするから、すぐうまくなるわ」

 飲み放題1500円(ビール別1杯400円)の格安料金。飲食物持ち込みOKと、ユルーいところがいい。
問い合わせ先

中央区南2西4 乙井ビル3F
電011・242・8733

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2009年03月16日付)


掲載日:2009.07.13

サクソホンで遊び心・歌心 スナック蓮(れん)

名手サクソホンがカラオケに合わせ演奏

ススキノに負けないおしゃれで遊び心のある北24条界隈に─本条博子ママ=写真右=は本気だ。28年間もクラシックバレエを続けた芸術的なセンスと立ち振る舞いは魅力のカタマリ。在籍6人の女性陣も負けず美女ぞろい。

 週3日、名手サクソホンがカラオケに合わせ演奏、歌の伴奏もして人気を呼んでいる。テンシンさん=同左=もクラシック育ち。その甘く力強い音色に聴き惚れた博子ママが1年がかりで口説いた。

 チャーム料通常2千円、サクソホンの水・金・土は2500円。
飲み放題は応相談。「新聞見た」でなにかサービス。
問い合わせ先

スナック蓮(れん) 北区北24条西4丁目第7タイガービル7F
電話011・717・6070

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2009年07月13日付)


掲載日:2009.06.15

コピーに徹す、プロの心意気 ビートルズの店「キャバーン倶楽部」

ビートルズサウンドのコピーに徹する

 今年開店20周年を迎えるライブハウスの老舗。独りよがりになりがちなアレンジはせず、息遣いまでビートルズサウンドのコピーに徹するプロのこだわりがファンにはたまらない。

 70人以上入れる箱に、心地よい大音量。女性独りでも安心してカウンターでくつろげるのもいい。ミュージシャンは実力者揃い。ステージ(5回)の合間に他店の出演依頼もこなす。
 
 ミュージックチャージ3千円(1ドリンク付き)、2杯目からショット500円。飲み放題3500円(2ステージ)。7時半~午前4時。日曜定休。
問い合わせ先

ビートルズの店「キャバーン倶楽部」 中央区南5西2サイバーシティビル5F
電話011・512・3370

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2009年06月15日付)


掲載日:2009.06.15

今年も女性連ら「記念の森」でミズナラなど250本植樹

汗を流しながら植樹に取り組む参加者

植樹に汗を流した後、記念撮影

豊かな森、恵みは海へ―道漁連は10日、石狩管内当別町の「お魚殖やす植樹運動記念の森」で毎年恒例の植樹を行った。女性連をはじめ、漁協系統関係者ら47人がミズナラなど約750本の苗木を植えた。

 記念の森での植樹は今年で12年目。女性連からは新谷恭子会長と、小林佳子・平賀由喜子の両副会長の3人が参加。そのほか道森連、コープさっぽろ、石狩北部森林組合などの関係者が集まった。


 植樹に先立ち、新谷会長は「これまで植えてきた木が育っていて感激している。森は海の恋人、川は仲人を合い言葉に植樹を続け、21世紀の森が豊かでやさしくなっているよう願いたいです」と、あいさつした。
 参加者は石狩北部森林組合職員の指導を受けた後、イタヤやニレの苗木に丁寧に土をかけるなど、初夏の陽気の中、植樹に汗を流した。

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2009年06月15日付)


掲載日:2009.06.08

達人の手捌き 和食居酒屋よこやま

 店主の横山栄治さんが札幌市内のホテルや割烹で修行を積んだ後、「精覚(せいかく)」流師範の腕前を引っさげて10年前に開店した。

 魚は旬の天然物、活じめにこだわる。カウンター(8席)越しに、粋な立ち振る舞いと手際よい捌きを見ながら食すのもよし、掘りごたつの座敷(22人)で宴会モードもよし。

季節のお任せ料理5品つき飲み放題コース(2時間)は5千円~。いも焼酎は道産ものもそろう。営業は5時30分~12時。「新聞見た」で、生ビールジョッキ1杯のサービスがある。

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2009年06月08日付)


掲載日:2009.06.01

バンドが守るケントスの灯 BEAT GARAGE

ボーカルのジルさん

 ポップスの殿堂ケントスが、昨年暮れ親会社の突然の倒産で閉店。「伝統の灯を消すまい」とバンドの6人がスクラムを組み、3か月後にはリスタートした。

 「資金援助の話も多くいただきましたが、すべてぼくらで工面しました」とバンマスのジミーさん。ボーカルのジルさんは「お店が小ぶりになった分、お客さまの反応が伝わってうれしい」。

 ミュージックチャージ料2500円。ドリンク500円~。飲み放題(2ステージ)3500円。午後8時~午前4時。月曜日定休。「新聞見た」で料金半額のサービスがある。

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2009年06月01日付)


掲載日:2009.04.20

バー「あや目」 シックな空間、大人なムード

「ネオン街氏」も認めるかなりの美形、工藤ママ

 工藤愛ママが意を決して独立、開店。「お客様に助けられ2年が過ぎました」。「ネオン街氏」も認めるかなりの美形。

 黒と茶系を基調にしたシックな空間。大型の季節の花々が点在し彩りを増す。愛ママを含め平均30歳を超す在籍10人女性陣が落ち着いた雰囲気を醸す。そろそろミニ・ゴルフコンペを企画中。
 チャーム料4千円。税・サービス料15%。ボトルキープはウイスキー7千円~、焼酎4千円~。4人以上の飲み放題5千円(90分税込)。「新聞見た」でボトル半額サービス。夜7時30分~午前1時。
問い合わせ先

バー「あや目」 中央区南4西3すすきのビル8F
電話011・532・1007

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2009年04月20日付)


アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る