電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 井原水産、柄ニシン有効活用

新聞記事

井原水産、柄ニシン有効活用

2018年09月24日

 数の子のブランドメーカー、留萌市の井原水産(株)(井原慶児社長)は、腹出し後の柄ニシンの有効活用など新たな商品展開に取り組んでいる。昨年春には初の常温品「おつまみにしん」を商品化。導入したGSK(株)(大阪市、小屋敷一雄社長、電話06・4302・3470)の特殊冷風乾燥機を基盤に位置付け、さらに商品の拡充を進めていく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る