電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 野辺地町漁協、ナマコ人工種苗28万3千個体を放流

新聞記事

野辺地町漁協、ナマコ人工種苗28万3千個体を放流

2018年09月24日

 今年5月に初めて試みた野辺地町漁協のマナマコ人工種苗生産は、計画より少ない28万3千個体を放流した。飼育幼生の最終的な生残率は12.6%。配水管交換のミスやシケに伴う放流日の延期が大きな減耗につながった。同漁協では来年以降も続ける予定だが「放流時期の再検討が必要」と話している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る