電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 佐渡・加茂湖 種ガキ産地別に試験

新聞記事

佐渡・加茂湖 種ガキ産地別に試験

2014年06月16日

産地別生残試験のため丸かごに収容されたカキ種苗

 新潟県佐渡の加茂湖で5月、宮城、三重両県産カキ種苗の生残試験が始まった。昨年12月の調査で宮城産50%、三重産87%など、大震災後に移入された宮城産の生残率が下がったためだ。同県の試験研究機関がかご入れ垂下で水深などの育成条件を変え、12月まで生残や成長を調査する。成長の早い宮城産は養殖経営のうえで外せず、生残率向上が探られる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る