電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 釧路市東部漁協、青年部がカキとウニの試験養殖にチャレンジ

新聞記事

釧路市東部漁協、青年部がカキとウニの試験養殖にチャレンジ

2020年05月18日


 釧路市東部漁協青年部(司口圭哉部長)は、千代ノ浦漁港内でカキとウニの試験養殖に乗り出した。部員7人で二手に分かれて取り組む計画。司口部長は「試行錯誤して自分たちの養殖漁場に合った手法の確立を目指していきたい」と話す。カキは司口部長が中心となり取り組む。三陸から半成貝約7千個を搬入してかご養殖。殻付きで生産する計画。「どの程度成長するか楽しみ。カキ養殖に関してはまだまだ知識が浅いので、成長速度や潮流などの環境を見極めながら工夫していきたい」と意気込む。
 また「市内のスーパーに並ぶのは他産地のものばかり。ネーミングなども考え、釧路市産のカキが並ぶよう取り組んでいきたい」と展望を話す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る