電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > いぶり噴火湾ミズダコ、年明けも順調

新聞記事

いぶり噴火湾ミズダコ、年明けも順調

2019年03月18日

1尾5~6キロ主体のミズダコ(6日、有珠支所)


 昨年から好調だったいぶり噴火湾漁協のミズダコは、年明けも順調な水揚げ。例年同様に2月後半から減速したものの水揚量は前年同期の3倍強に伸びた。着業者は毎年上向く5月以降の水揚げに期待を寄せている。
 有珠地区のタコ箱は約10軒が着業。昨年4月~今年3月4日の水揚量は前年同期比4.2倍4.1トン。専業の鳴海元了さん(恵洋丸)は「全般に好漁と言ってよかった」と振り返る。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る