電子版 電子版サンプル

HOME > 2017年 > 7月

新聞記事

2017年7月の記事一覧

掲載日:2017.07.31

道東マイワシ 昨年上回る好漁

4歳魚が加わり組成が大型化したマイワシ(25日、釧路港)

 道東沖のマイワシ漁は好漁だった昨年を上回る水揚げだ。資源量の増加で、サケ・マス流網代替漁業の中型船が好調。加えて小型船が日産の許容漁獲量を増枠し操業している。一方、浜値は銚子や三陸などで例年に比べ水揚げが長引き、本州からの引き合いが弱く値崩れ。キロ100円割れ中心で推移している。


掲載日:2017.07.31

輸出特化の商談展 10月、幕張メッセで初開催へ

360人が集まった説明会場

 「輸出」に特化した初の食品展示会「“日本の食品” 輸出EXPO」(主催=リード エグジビジョン ジャパン株式会社)が10月11~13日、千葉市の幕張メッセで開催される。ジェトロが共催、農林水産省が協力。東京都内で24日行われた説明会には、出展社から360人が参加。海外展開に力を入れたい関係者の意気込みを感じさせる内容となった。


掲載日:2017.07.31

「標津漁師会」本格始動 低利用魚を加工販売

 標津漁協の若手漁業者でつくる「標津漁師会(浅野将太会長)」は本格的に前浜産の普及活動に乗り出している。地元の若手農業者グループとも連携し、ヌマガレイやトウベツカジカなど単価の安い低利用魚を商品化。標津町内の空き家を借りて「漁農食堂」と題した販促イベントなどを定期的に実施、販売拡大に取り組んでいる。


掲載日:2017.07.31

利尻刺網 ホッケ水揚げ伸ばす

水揚げを伸ばしているホッケ(25日、本泊地区)

 利尻漁協のホッケ刺網が水揚げを伸ばしている。特に春が好漁に恵まれ、6月末現在の数量は前年同期比62%増の390トン。魚体も大きい。


掲載日:2017.07.31

量販店で「あおもりの肴フェア」盛況

にぎわった「あおもりの肴フェア」

 青森市の食品スーパーで22日、「あおもりの肴フェア」が開催された。漁業者が朝水揚げした鮮魚やホタテ、ホヤ、海藻に価格を付け、さばき方や調理方法を直接説明しながら販売。5時間ほどでほぼ売り切った。消費者は地元産でも知らないことが多く、おいしく食べる方法を伝えることが消費拡大や付加価値向上につながると肌で知った。


掲載日:2017.07.31

海獣から漁業守れ 日本海沿岸19漁協、札幌で緊急集会

 日本海沿岸でトドなど海獣による甚大な漁業被害が続く中、同沿岸19漁協で組織する「北海道日本海沿岸漁業振興会議」(運営委員長・今隆北るもい漁協組合長)は22日、札幌市の第2水産ビルで緊急集会を開いた。水産庁、北海道、道内選出国会議員、道議に対し、漁業経営のひっ迫や資源の減少、地域経済の衰退などの影響、窮状を訴え、早急な抜本対策の確立などを要望した。


掲載日:2017.07.31

渡島噴火湾 生産回復、期待大

今年2月の加工貝出荷作業。来季の回復が期待される(森港)

 渡島噴火湾で今春耳づりした来季出荷の加工貝は、6単協とも順調に成育している。今年の大減産で半成貝出荷に比重を置き満度に下げられない漁家も増えたが、結果的に成長の良い貝を耳づりしたため、海水状況に問題がなければ生産回復の可能性も高まっている。


掲載日:2017.07.31

利尻養殖、水揚げ進む

天候に恵まれ水揚げが進む養殖コンブ(26日、大磯地区)

 利尻漁協の養殖は7月下旬、天候の回復とともに水揚げが進んだ。それまでは濃霧など天候不順が続き、開始時期がずれ込んだり水揚げペースに遅れが出た浜もあっただけに、着業者は「ようやくの好天。ここ数日順調に揚がっている」と安どの表情。長さは短かめだが7月下旬現在で毛(ヒドロゾア)の付着はほぼないという。


掲載日:2017.07.31

八雲の刺網 アカガレイ振るわず

水揚げの主体となるソウハチ(24日、静狩漁港)

 八雲町漁協のカレイ刺網は、水揚げのピークを迎えたアカガレイが苦戦している。ソウハチも少なく小型主体で、着業者は頭を悩ませている。


掲載日:2017.07.31

サンマ流網 初日の活気どこへ

不漁だった昨年を下回る流網のサンマ

 道東沖のサンマ流網漁は今季も低調だ。初日には釧路港で記録的不漁だった昨年の10倍の水揚げがあったものの、その後は続かず、21日現在で昨年を下回っている。


このページのTOPへ戻る