電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 輸出EXPO盛況 道産品に熱視線

新聞記事

輸出EXPO盛況 道産品に熱視線

2018年10月22日

カニ、ホタテ、いくら、サケなど道漁連が出品した水産品

 「輸出」に特化した食品展示商談会「日本の食品 輸出EXPO」(主催=リード・エグジビジョン・ジャパン株式会社)が10~12日、千葉市の幕張メッセで開かれた。ジェトロが共催、農林水産省が協力。昨年の第1回が好評なのを受けて第2回の開催。前回は出展者300社だったが、出展問い合わせが急増して今回は倍増の600社が参加。各ブースとも英語、中国語など外国語版カタログを用意して臨んだ。日本の食材を求めて来日した海外バイヤー4000人ほどと熱心な商談を繰り広げた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る