電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城のホタテ半成貝養殖、深刻に

新聞記事

宮城のホタテ半成貝養殖、深刻に

2018年09月17日

経営に厳しさが増す宮城県の半成貝養殖

 宮城県のホタテで中心となる移入半成貝養殖に経営の厳しさが増している。貝毒規制が深刻なへい死に拍車をかけ、価格の低下ももたらしているためだ。養殖存続が危ぶまれかねない生産者が増えている様子で、11月から活発化する今季移入は数量のいっそうの減少が必至。代替となる地種や移入当年貝、越冬貝も模索される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る