電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 秋サケ本年度の流通対策 売り場回復に重点

新聞記事

秋サケ本年度の流通対策 売り場回復に重点

2018年07月09日

 秋サケの消流は、いくら、親製品とも昨年産が大減産に伴う近年にない高値形成で海外物に切り替わるなど売り場縮小、消流減退の危機的状況に陥っている。今年度の流通対策事業では、既存販路の死守に向けた漁期前販促の充実に加え、引き続き、旬期消費の伸長を目的とした「生鮮対策」、通年需要を取り込む「国内対策」を実施。原料輸出の継続実施と製品輸出を一層強化する「輸出対策」と併せて、売り場回復と消流安定を目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る