電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 静岡のヤマザキが進出 昆布、総菜向けに1次加工施設竣工

新聞記事

静岡のヤマザキが進出 昆布、総菜向けに1次加工施設竣工

2018年05月21日

間引きコンブの乾燥。台車につるし扇風機の風を循環させる

 総菜メーカーの株式会社ヤマザキ(本社静岡県、山崎朝彦社長)が道南・福島町に建設を進めていた昆布加工施設が竣工、4月から稼働している。養殖(促成マコンブ)の間引きコンブを仕入れ、乾燥・きざみといった1次加工を行う施設で、同社が昨年町内に設立したグループ会社「株式会社北海シーウィード」が業務を担う。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る