電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > カキむき身サロマ湖で減産

新聞記事

カキむき身サロマ湖で減産

2018年01月01日

湧別漁協で出荷されたむき身

 今季のサロマ湖産は種苗の付着が薄く、3単協(湧別・佐呂間・常呂漁協)合計のむき身出荷はおよそ3割減産する見通しだ。浜値は12月中旬に例年の約千円高となるキロ2千円台中盤と堅調。ただ殻付きが全道的に潤沢なこともあり荷動きは落ち着いている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る