電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 札幌大成 「3D冷凍」でタラバ商品 安定供給へ

新聞記事

札幌大成 「3D冷凍」でタラバ商品 安定供給へ

2017年12月04日

新たに導入した3Dフリーザー

 カニなど卸・加工の株式会社札幌大成(札幌市、作間健太郎社長、電話011・633・8020)では、年末年始用やギフトなどで販売が伸長しているタラバガニ1肩のシュリンクパックの生産が最盛期に入った。今年急速冷凍の新技術「3D冷凍」のフリーザーを新たに備え、商品の品質向上と併せて生産性を大幅に増強。取引先の追加注文などへの対応力を高め、安定供給に臨んでいる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る