電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 商戦展望 国内マーケット再構築を

新聞記事

商戦展望 国内マーケット再構築を

2017年10月23日

 北海道内のホタテ水揚量が昨季同様低水準となる中、今年は国内消費が最重要課題となった。玉冷製品は昨年より低い価格帯で推移し、鈍かった海外輸出は8月以降徐々にペースアップ。内販も業務筋中心に少しずつ動き始めている。原貝水揚げの回復が期待されるボイル製品の動向は、中国向け両貝冷凍の引き合いと、それに伴う浜値次第だが、商品価値を見いだす好機会と捉えた販促活動に期待がかかる。今後のホタテ消費・流通対策などを道漁連の崎出弘和専務に聞いた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る