電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 震災関連情報 > 「船あれば再開できる」 岩手の漁業、やる気満々

新聞記事

「船あれば再開できる」 岩手の漁業、やる気満々

2011年04月18日

 東日本大震災で、三陸沿岸の漁船の多くが壊滅的被害を受けたが、岩手県の中・北部には「家が残り人も無事。あとは船さえあれば漁業を再開できる」という浜もある。宮古漁協は市場を再開し、重茂、久慈市などほとんどの漁協が「国は早期に支援策を」と求めている。

 

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2011年04月18日付)

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る