電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 胆振・渡島のスケソ刺網 TAC半分残し終漁へ

新聞記事

胆振・渡島のスケソ刺網 TAC半分残し終漁へ

2017年02月20日

 道南太平洋のスケソ刺網は7年連続でTAC(漁獲可能量)を残して終漁する見通しだ。12月~1月中旬に盛り上がったが漁期前半の不漁が響いた。2月に入っては隻数が多いいぶり中央漁協を除き各地で日量1トンを割っている。
 

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る