電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 釧路市漁協貯氷・給氷施設が竣工/最盛期の需要に対応

新聞記事

釧路市漁協貯氷・給氷施設が竣工/最盛期の需要に対応

2016年12月12日

外来船誘致など水産業振興を担う貯氷・氷供給施設

 釧路市漁協(近藤龍洋組合長)が釧路港に建設を進めていた貯氷・氷供給施設が完成した。サンマ、イカ釣りなどに加え、近年釧路沖でサバ、マイワシの好漁が続き、入港船団が増加しており、最盛期の氷需要に対応できる供給体制を整備。待ち時間短縮など漁業者の利便性を高めるとともに、鮮度保持の強化で生鮮流通や加工原料の安定供給など付加価値向上につなげていく。来年7月ごろから本格稼働する予定。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る