電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城県漁協 残さ処理 事業化へ

新聞記事

宮城県漁協 残さ処理 事業化へ

2016年07月11日

 宮城県漁協は本年度、ワカメ茎などの加工残さの処理について、来年度からの事業化に向け検討する。昨年度まで2カ年、ブタの餌にする実証実験を進め好感触を得た。ホヤ殻も対応できる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る