電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城ギンザケ 活じめ値差つかず

新聞記事

宮城ギンザケ 活じめ値差つかず

2016年04月18日

上場見本の活じめ・脱血(右)は野じめに比べ、血のりがなくきれいなオレンジ色に見える(13日、石巻市場)

 宮城県の養殖ギンザケは水揚げが徐々に増え、2季目を迎える活じめの評価が注目、期待されるが、入札では野じめとの価格差がまだ出ていない。重量か尾数の3分の1以上の活じめは国の「がんばる養殖復興支援事業」の要件。価格向上の活路とされるが、生産者に徒労感が深まっていきそうだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る