電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城県産ホヤ 生産倍増も韓国輸出依然停止

新聞記事

宮城県産ホヤ 生産倍増も韓国輸出依然停止

2016年02月15日

国内消費の拡大に期待がかかる宮城県産ホヤ

 宮城県中部でホヤ(マボヤ)の水揚げが活発化しつつある。生産者の悲願となる韓国輸出の再開が見通せない中、同県では昨シーズンの2倍となる1万トンの水揚げが予想され、早くも危機感が漂う。相対販売は昨年ハシリ並みのキロ100円台前半で、すぐにでも出荷したい人が多いが、旬はまだ先で需要は弱い。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る