電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 定置の被害甚大 暴風波浪で大打撃

新聞記事

定置の被害甚大 暴風波浪で大打撃

2015年10月19日

 北海道の秋サケ定置は今季、平成18年以来の甚大な自然災害に見舞われている。9月中旬の台風17号、10月頭の爆弾低気圧に続き、8日から9日にかけて温帯低気圧に変わった台風23号による暴風波浪の影響でオホーツク、根室海峡などで被害が発生。操業断念に追い込まれる漁場が増大するなど事態は深刻だ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る