電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 寿都町島牧両漁協でイカ上向く

新聞記事

寿都町島牧両漁協でイカ上向く

2015年07月06日

スルメイカ水揚げで活気づく寿都漁港(7月1日)

 寿都町と島牧の両漁協で6月末からスルメイカが上向いている。組成は3分の2がバラ。1隻平均100~200箱、日によって300箱を水揚げする船もあった。
 寿都町漁協の木村静雄イカ釣り部会長は「6月に獲れだすのは、ここ数年では珍しく早い。松前沖でまとまらなかった分、北上が早かったのでは」と話す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る