電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城県漁協、東京「牡蠣の家」開店/殻付をブランド化、拡販

新聞記事

宮城県漁協、東京「牡蠣の家」開店/殻付をブランド化、拡販

2015年01月19日

東京・大手町に開店した「宮城牡蠣の家」

 宮城県漁協(丹野一雄経営管理委員会会長)は9日、殻付カキをメーンにした「宮城牡蠣の家」を東京・大手町の東京サンケイビルイベントスペースにオープンした。キリングループと連携し3月30日まで期間限定で営業。ブランドカキを前面に押し出して販路拡大につなげ、大震災で打撃を被った養殖の復活を目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る