電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 22年級が低回帰/原因究明大きな課題に

新聞記事

22年級が低回帰/原因究明大きな課題に

2015年01月01日

 平成12年来の低来遊にとどまった昨年の北海道の秋サケ。主群の4年魚(平成22年級)の来遊数が平成元年以降最低で、中期の来遊数が平成6年以降最も少なくなったのが特徴。特にオホーツク・東部、根室・北部が顕著で、原因究明が課題。一方、全道的に3年魚の回帰数が前年より大幅に増え、来季に向けて明るい材料も見えている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る