電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 26年度秋季陸奥湾ホタテ実態調査 新貝、稚貝のへい死減少

新聞記事

26年度秋季陸奥湾ホタテ実態調査 新貝、稚貝のへい死減少

2014年12月15日

 青森県陸奥湾の本年度秋季養殖ホタテ実態調査結果がまとまった。新貝、稚貝ともにへい死率は平年より低かった半面、殻長、重量は下回る結果となった。県は冬季のへい死軽減策と親貝確保へ配慮した計画的な出荷を求めている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る