電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 水産総菜少量適量 スーパー各社は中食需要に対応

新聞記事

水産総菜少量適量 スーパー各社は中食需要に対応

2014年05月12日

バイキング形式で品揃えを充実した水産総菜コーナー

 スーパー各社が総菜、弁当など家庭ですぐに食べられる「中食」の販売を強化している。共働き、単身世帯の増加で夕食中心に需要が高まっており、コーナーの拡充で店舗を活性化。水産総菜もバイキング形式の量り売り、バラ売りなど少量適量の展開で、魚料理の手間を敬遠する購入層への訴求を狙う。併せて北海道内の店舗では道産水産物を素材に利用し、商品構成の充実を図っている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る