電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 標津町の北海永徳 秋サケ子の商品展開

新聞記事

標津町の北海永徳 秋サケ子の商品展開

2020年11月23日

「鮭の聖地」シールを貼付したいくら商品


 標津町の(株)北海永徳(永田雄司社長、電話0153・82・3963)は今季の秋サケ商戦で、標津町など4市町の「『鮭の聖地』の物語~根室海峡一万年の道程~」の日本遺産認定と連動した商品展開に取り組んでいる。専用シールを作製し生筋子の出荷時に同梱したほか、いくら商品に貼付。食文化、歴史などサケを基盤とした地域の魅力発信に一役買っている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る