電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > サロマ湖カキ身入り良好、量も潤沢

新聞記事

サロマ湖カキ身入り良好、量も潤沢

2020年11月23日

湧別漁協の2年殻付き


 1年むき身主体のサロマ湖産カキがシーズン入りした。今季は身入りが良く出荷量も潤沢とみられるが、コロナ禍に加え産地加工業者の処理能力も低下しており、3単協(湧別、佐呂間、常呂漁協)とも消流の動向を注視。苦戦覚悟の状況下、浜値はキロ千円程度とまずまずのスタート。年末年始の最盛期に向け、市況をにらんだ水揚げとなりそうだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る