電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 漁船の衝突防止にスマホアプリ活用

新聞記事

漁船の衝突防止にスマホアプリ活用

2020年10月12日


 水産庁は10月から瀬戸内海の漁業現場をモデル海域として、小型漁船の衝突を防止するためのスマートフォンアプリを利用した実証試験を始めた。衝突事故防止には船舶自動識別装置(AIS)が有効だが、無線設備の搭載が困難な小型の沿岸漁船にはその搭載が現実的でないため、同等の機能を持つアプリに活路を見いだそうと判断した。試験は日本無線(株)(東京都)に委託し実施、実装対象のアプリは「JM─WatcherⅡ」で2021年1月まで行われる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る