電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 石巻の阿部水産、休漁期にキクラゲ栽培

新聞記事

石巻の阿部水産、休漁期にキクラゲ栽培

2020年09月14日

生の白色キクラゲ(手前左)は100グラム税込み370円で、地元のいしのまき元気いちばや観光物産交流施設「cottu(こっつ)」などで販売


 宮城県石巻市小渕浜の阿部水産(阿部祐二代表、電話090・6453・5643)は、ワカメやカキの休漁期にキクラゲの栽培と販売に挑戦している。手塩にかけたキクラゲは潮風を受けてミネラルたっぷり。牡鹿半島で育った「金華きくらげ」として、地域の新たな特産品化を目指す。水産業の閑散期に手軽にできる副業のモデルケースとしても注目を浴びる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る