電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 「カキえもん」増産踏まえ販促に力

新聞記事

「カキえもん」増産踏まえ販促に力

2020年07月20日

殻はふっくらと丸みがあり、身に厚みがある「カキえもん」


 厚岸漁協カキえもん協議会(鈴木賢二会長)は、国内初のシングルシード方式で生産する養殖カキ「カキえもん」の販促活動に力を入れている。昨年に大阪で開かれた展示会に初出展、手応えを得て、今後東京での出展も検討。近年の増産傾向に加え、全道各地でカキ養殖の新規着業やブランド化などの取り組みも広がっており、味わいや特長をあらためてPRし、一層の販路開拓を目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る