電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > えさん漁協の促成最盛期、実入りも向上

新聞記事

えさん漁協の促成最盛期、実入りも向上

2020年07月13日

最盛期を迎えている促成マコンブ(10日、大潤漁港)


 えさん漁協の養殖コンブは、ナギに恵まれ順調なペースで水揚げが進んでいる。現在促成マコンブが最盛期に入り、実入りも向上している。恵山・尻岸内両地区が生産するミツイシは収穫がほぼ終了し、両地区部会長は「昨年と比べると実入りは落ちるが、昨年の出来が別格。今年も悪いわけではない」と話す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る