電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 豊洲市場「いなせり市場」活用で巣ごもり需要に照準

新聞記事

豊洲市場「いなせり市場」活用で巣ごもり需要に照準

2020年05月25日


 東京・豊洲市場の関係者が協力し、水産仲卸が厳選した鮮魚や干物などの詰め合わせボックスを消費者向けに販売するサービスを始めた。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、仲卸の主要顧客である飲食店の営業時間短縮や休業により売り上げは激減。また、高級食材を中心に販路が減少し、単価下落により漁業者や加工業者などに影響が出ている。その状況下でも、中央卸売市場としての機能を維持、水産物流通の継続を図り、ステイホームでの食生活を応援するため、新たな取り組みに活路を見いだしていく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る