電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 資源見据えて100年余、秘策にエンジンオイル

新聞記事

資源見据えて100年余、秘策にエンジンオイル

2020年05月18日


 鮮魚卸の海光物産㈱(千葉県)は東京湾のスズキでMSC(海洋管理協議会)認証を目標に、(株)シーフードレガシー(東京都、花岡和佳男社長)の協力のもと日本初の漁業改善プロジェクト(FIP)を進めている。海光物産の大野和彦社長はまき網着業者の祖父・繁次郎氏が100年前に提唱していた「持続的な漁業」を胸に、コロナ禍でも経営改善を模索。このたびエンジンオイル販売業者と手を組み、時代に即した操業モデルを見いだしていく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る