電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > ひだか漁協 ブリブランド戦略強化

新聞記事

ひだか漁協 ブリブランド戦略強化

2020年03月09日

船上活じめブランド「はるたちぶり」


 ひだか漁協(石井善広組合長)は今季、定置網で獲れるブリのブランド戦略を強化する。船上で活じめ機を使用した血抜き処理、魚体温度の測定や脂肪率の計測・表示など鮮度・品質管理体制を追求し、地元・道内のほか、東京・豊洲市場など本州にも流通量が増加。さらに高脂肪率の大型サイズを厳選、トレーサビリティーを導入した「新ブランド」を打ち出し差別化。前浜産ブリの魚価安定を目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る