電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮古の平子昌彦さん 脱サラ漁師が恩返し

新聞記事

宮古の平子昌彦さん 脱サラ漁師が恩返し

2020年03月02日

日出島地域の海で育ったホタテ。貝柱が厚く、甘みが強いのが特長


 岩手県宮古市の日出島漁港を拠点にホタテ養殖や遊漁船業などを営む㈱隆勝丸。「海で稼いで地域を盛り上げたい」。その一心で、「脱サラ漁師」平子(たいこ)昌彦社長(39)が立ち上げた設立2年目の若い会社だ。今年夏にはインバウンド(訪日外国人客)向けの体験型観光を計画するなど事業は順調に拡大。東日本大震災からの復興、交流人口拡大による地域活性化を目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る