電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 陸奥湾稚貝、へい死率上昇

新聞記事

陸奥湾稚貝、へい死率上昇

2019年12月09日


 青森県陸奥湾の2019年度秋季実態調査結果によると、19年産(稚貝)のへい死率は、分散済みの全湾平均値が8.9%と平年値(過去34年間の平均値)より4.5ポイント上回り過去3番目の高さとなった。18年産(新貝)のへい死率も30.2%と平年値を16.1ポイント上回る過去4番目の高さ。県は8~9月の高水温で衰弱したものと指摘している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る