電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 地方スーパー・東武の販売戦略 総菜化で「素材」購入導く

新聞記事

地方スーパー・東武の販売戦略 総菜化で「素材」購入導く

2019年12月02日

店内販売品の「たらこ」(左)使用をアピールする 「おにぎり」のPОP。素材への注目度を高める


 少人数世帯の増加、女性の社会進出などを背景に食の簡便・時短化が進んで生活に浸透する中食総菜。量販店、コンビニなど小売り各業態で成長分野の市場獲得へ商品力の強化を進めている。道東地区にスーパー2店を展開する株式会社東武は、店内に品ぞろえする素材を総菜化し、実食からその素材の購入に誘引する商品戦略を展開。需要が高まる時好の総菜を前面に、対極の素材も底上げ。両翼の販売促進に臨んでいる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る