電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 野辺地町漁協の地まきホタテ、秋→春まきに変更計画

新聞記事

野辺地町漁協の地まきホタテ、秋→春まきに変更計画

2019年09月30日

地まき貝の荷揚げ作業。一部はかごに移し替え砂抜き後出荷する(18日、野辺地漁港)


 野辺地町漁協は、ホタテ地まき漁の稚貝放流時期を秋から春に変更し、水揚げサイクルを2年から3年周期に延ばす計画だ。トゲクリガニの食害を防ぎ、大型サイズの安定した水揚げを目指す。稚貝放流は分散後の11月だが、ここ数年増加しているトゲクリガニの食害が指摘され、青森県産業技術センター水産総合研究所の協力を得てカメラを投入し調査した結果、放流直後に食害を確認。このため春の耳づり後にキロ20~30枚の半成貝サイズを放流する方向で検討している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る