電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道東サンマ厳しい操業続く

新聞記事

道東サンマ厳しい操業続く

2019年09月30日


 道東のサンマ漁は、依然として上向く兆しが見えず厳しい操業を強いられている。漁業情報サービスセンター道東出張所の集計によると、9月20日現在の道東4港(花咲、浜中、厚岸、釧路)の数量(発泡除く)は前年同期比83%減の3220トン、1隻当たりで62%減の9.7トンと低迷。魚体も小型のままで、量販店は販売に苦戦している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る