電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 海外取材

新聞記事

海外取材一覧

掲載日:2010.11.01

世界の魚を見る ノルウェー・フランス編(下)

【ベルゲン(ノルウェー)=内田英隆東京支社長】「近年、漁業資源は安定し、今ほどベストの時はない。漁業者の収入も国の補助金がないのにとてもよい」。ノルウェー漁業・沿岸問題省のスベリー・ジョハンセン漁船漁業担当官は自国漁業をこう評価する。
 乗務員の年間収入は一人当たり平均50万NOK(650万円)で、工場従業員を二割ほど上回る。巻網などの大型船になると一隻平均4千万NOK(5億2千万円)に上り、年収1千万円を超える乗務員はざらにいるという。漁業が北海油田で沸く石油産業に次ぐ基幹産業であり、誰もがうらやむ人気業種になっている。70年代半ば、極度の資源悪化で悲鳴を上げていたということが嘘のような活況ぶりなのだ。まずは実態を確かめようと9月初め、ベルゲン港に入港中の大型巻網船「ハーブドーロン号」(11100トン)を訪問した。

 

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2010年11月01日付)


掲載日:2010.10.25

世界の魚を見る ノルウェー・フランス編(上)

 【ノルウェー・フランス=欧州取材班】世界的に水産物の需要が高まり、流通の国際化が進む中、昨年秋のニューヨークに続き、今秋はノルウェーとフランスの魚事情を見た。オスロでもパリでも「スシ・レストラン」は珍しいものではなく「SUSHI寿司」「SASHIMI刺身」「WASABIワサビ」は世界共通語だった。すしネタの主力はサーモンで、すしの国際化と、世界を席巻するノルウェーのサーモン養殖とは、表裏一体の関係だった。サバの資源管理なども含め渾身のレポートを、今週と来週の2回に分けてお届けする。

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2010年10月25日付)


掲載日:2009.10.26

ニューヨーク魚事情を見た 市場は鮮魚でいっぱい

 世界的に魚の需要が高まる中、ニューヨークの魚市場とスシを見てきた。市場は冷凍物が中心という事前情報に反し、鮮魚であふれていた。ボストンの本マグロをはじめ、サーモン、エビ、タラ、スケソ、オヒョウ、サバ、カキ、ホタテ、イカ、タコ、ウニなど魚種は驚くほど多い。健康志向で普及したスシは、ニューヨーカーにすっかり定着、巻物ばかりか握りも今や定番。ヘルシーな日本食の浸透もあって水産物の流通は活発だ。

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2009年10月26日付)


掲載日:2007.07.02

ホタテ大規模に生産 中国・大連

 中国遼寧省・大連市普蘭店の皮口港で1日、大連海徳食品有限公司の加工場が稼働を開始した。ホタテ、アサリを中心に生産から加工まで一環体制で大規模に製品化する同社を取材した。ボイルなど加工処理の中核設備は日本製で、鮮度、衛生管理でも日本の考え方、方式を取り入れる。日米輸出をメーンに中国国内でも販売したい考えだ。ホタテはすでに、日本種の養殖を同市長海県の自社漁場ではじめており、年間5千㌧、来年からは地まきの3千㌧合わせ8千㌧を水揚げする計画。加工場まで船で1時間で搬送できるため、原貝の高鮮度維持が可能だ。日本産の製品市況しだいでライバルとなりそうだ。


(2006年07月31日付)


掲載日:2006.11.13

台湾市場有望

北海道観光ブームが年々高まる台湾では、海産物をはじめとする道産食品の需要、人気も高い。今や台湾市場は海外の販路拡大を目指す企業、団体にとって大きなビジネスチャンスの場といえる。釧路管内の漁協や水産加工会社で組織された「釧路―台湾ビジネスマッチング協会」が台湾販路拡事業として11月2日~5日の日程で実施した台北市訪問に同行、物産フェアや市場調査などを取材した。

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2006年07月31日付)


掲載日:2006.07.31

躍進する加工基地~中国水産市場をみる

 安い労働力を武器に「世界の工場」として発展する中国―。道漁連の案内で26日から4日間、北海道水産記者クラブ中国水産事情視察団の一員として訪中し、秋サケ加工と漁業資材、そして養殖コンブの生産現場などを取材した。

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2006年07月31日付)


掲載日:2005.12.05

スケソ in 韓国

 韓国の伝統的な鍋(なべ)料理チゲの主役を飾るスケソ。日韓新漁業協定が締結されてから北海道産の新鮮なスケソは韓国水産バイヤーたちの垂ぜんの的となってきた。釧路産スケソの韓国輸出がはじまってから6年。韓国最大の貿易港を抱える釜山を訪ね、韓国での生鮮スケソの今を見た。

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2005年12月05日付)


掲載日:2005.09.19

極東水産業再建へ議論

ロシア連邦農業食料省と沿海地方行政府、同漁業協会は9月7~9日、ウラジオストク市内で極東水産フォーラムを開いた。ロシア水産業の国際競争力強化に向けた高次加工・輸送技術開発や港湾施設整備、密漁取り締まりの強化などについて議論、国の法整備に対する業界の意思反映を目指すもので昨年7月に続き2回目の開催。連邦両院議員や各級行政機関、国内企業のほか欧米・アジア各国からも多数が出席した。同時開催の国際展示会では各種原魚や加工品、漁労・加工・流通機器資材、金融・保険サービスなどが展示され、来場者の関心を集めた。

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2005年09月19日付)


掲載日:2005.01.24

中国市場開拓加速~上海市内で販促・予想を超す手ごたえ

 道漁連と道は中国市場をターゲットにした道産水産物の販路開拓を本格化した。中国の食品貿易会社最大手の中国糧油食品グループをパートナーに、14日から23日まで上海市内のスーパー五店舗で販促フェアを開催。高橋はるみ道知事、北島哲夫道漁連会長も上海を訪問。本誌記者も同行し取材を行った。

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2005年01月24日付)


掲載日:2003.11.10

中国・水産を探る旅

 日本の水産業にとって中国は、安い労働力による加工基地としての色彩が強い。しかし一方では、巨大な人口と沿海都市部での所得の向上を背景に中国をマーケットとして捉える動きも出ている。そこで人口1500万人の大都市・上海での道産秋サケの販売や急騰するキンコ事情などについて取材した。

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2003年11月10日付)


アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る