電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸

新聞記事

東北北陸一覧

掲載日:2017.11.20

岩手ワカメ 種よく巻き込み順調

全般的に出来が良い岩手県のワカメ種苗

 岩手県のワカメ養殖で、種苗糸の幹縄への巻き込み作業が順調に進んでいる。全般的に出来が良い様子で、ナギ(天候)も味方。11月末ごろまでに終わり、不足はなさそうだ。すでに終了した人、地区もあるが、これまで巻き込み後の広範な芽落ちは聞かれない。


掲載日:2017.11.20

気仙沼のカネダイ新工場 5加工室で付加価値高める

第2加工室に導入したOSJ型トンネルフリーザー

 株式会社カネダイ(佐藤輔社長)は今秋、気仙沼市川口町の新社屋兼加工場で本格操業を始めた。前浜産をメインに原魚種類や作業に合わせた5つの加工室を整備。春の完成から従業員を増やし準備を重ねてきた。震災発生から6年余のブランクとサンマ不漁など難しい局面を乗り越え「気仙沼ならではのストーリー性ある商品開発」(小野寺正喜常務)に力を注ぐ。


掲載日:2017.11.13

青森県大畑 定置漁場3年で交代

スルメイカが乗網し始めた大畑の定置

 青森県、大畑町漁協の定置組合は3経営体が3カ統ずつ9カ統操業し、3年ごとに3カ統全ての漁場を順番に交代する。6経営体18カ統があったが撤退などで減り、残った3経営体が好漁場を選び海面を広く利用。漁獲と経営を安定させ、平等に水揚げしている。漁場移動の際に側張りも含めて網揚げし破網などの事故を未然に防いでいる。


掲載日:2017.11.13

宮城北部 ワカメ種挟み活発化

志津川地区でうまくできた地種(8日)

 宮城県北部のワカメ養殖で、内湾漁場を中心に種苗の幹縄への挟み込み作業が活発化している。「地種」「塩釜種」とも芽落ちがあったが、多くの浜で必要量を確保できる見通しだ。これから外洋漁場に挟み込まれる他県産種苗は「順調」と伝えられる。


掲載日:2017.11.06

今別でサーモン養殖 県が試験、地元漁協と企業がタッグ

今別町で小割いけすに収容、海水馴致

 青森県今別町でサーモントラウト(海産ニジマス)の養殖が10月27日、始まった。県の養殖試験で、引き続き深浦町の海面2カ所に幼魚が入り、昨シーズンの深浦1カ所から拡大。水揚げは来年6月が見込まれ、合わせて100トンが目標。支援する日本サーモンファーム株式会社(岡村恒一代表取締役社長・深浦町)は来季から事業として本格化、当面1000トンまで伸ばしたい考えだ。


掲載日:2017.11.06

青森県エープレミアム むつ市 ホタテなどで活用

 むつ市は青森県の「エープレミアム」を活用し香港への水産物輸出の定着を狙う。翌日配達と消費できる富裕層、無関税が魅力。活ホタテで4カ月ほど実績があり、「海峡サーモン」も有望、ウニ、アワビでも可能性ありとみる。付加価値向上による漁業者の収入アップが目標、周年にわたる継続出荷が課題だ。


掲載日:2017.10.30

氷頭なます復活 宮古・沼田商店の自社ブランド

氷頭なますと新商品のパッケージ(特許出願中)

 まるいち沼田商店株式会社(宮古市、沼田貫一社長)は自社ブランドの「氷頭なます」を復活させた。従来品に比べてプロテオグリカンを増量して差別化、販路の拡大を目指す。「40年かけた研究の成果」と沼田社長。サケが持つ機能性に早くから着目。しかし、今までは工場が老朽化していたため新商品生産になかなか踏み出せずにいた。昨年竣工した新工場を機に、増産体制に臨む。


掲載日:2017.10.30

岩手県 アワビ7万8671円5%高

  11月1日解禁となる岩手県産アワビの第1期(11月)分入札が10月25、26日、盛岡市の県水産会館で開催された。227.3トン上場、10キロ当たり7万8671円平均で落札され昨シーズンを5%上回った。昨シーズンの価格下落要因となった干鮑(かんぽう)の流通がやや好転したほか、鮮鮑(せんぽう)の当面の流通見通しが良いことも反映。サンプル検査での肥満度の上昇も値上げを後押しした。


掲載日:2017.10.30

久慈市漁協 シャーベット氷普及へ

過冷却解除式シャーベット氷で冷却されるショッコ

 岩手県久慈市の定置網と市場で過冷却解除式シャーベット氷の利用が広がっている。8月からこれまでに約300トンに上り、すでに昨シーズン実績(140トン)の2倍を超えた。水揚げ、選別後のタンク収容で使い、「サバ、ショッコ(イナダ)など青物で最高」という。迅速冷却、保冷時間延長などで鮮度保持効果を高め、久慈産の評価アップに期待がかかる。


掲載日:2017.10.23

商戦展望 国内マーケット再構築を

 北海道内のホタテ水揚量が昨季同様低水準となる中、今年は国内消費が最重要課題となった。玉冷製品は昨年より低い価格帯で推移し、鈍かった海外輸出は8月以降徐々にペースアップ。内販も業務筋中心に少しずつ動き始めている。原貝水揚げの回復が期待されるボイル製品の動向は、中国向け両貝冷凍の引き合いと、それに伴う浜値次第だが、商品価値を見いだす好機会と捉えた販促活動に期待がかかる。今後のホタテ消費・流通対策などを道漁連の崎出弘和専務に聞いた。


アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る