電子版 電子版サンプル

HOME > 2014年 > 6月

新聞記事

2014年6月の記事一覧

掲載日:2014.06.30

韓国でホタテ需要を探る 日本産評価に変化

可楽洞農水産物総合卸売市場内の店舗。日本産ホタテに産地明記はなかった

 【韓国=松本名司】日本の活ホタテ輸出先第一位の韓国。中国産の輸入減も絡み昨年までは増加の一途をたどった。ホタテをはじめ日本の水産物に対するイメージは「安全・安心な食材だった」と誰もが話す。しかし原発汚染水問題が起きた昨夏以降、状況は一変。国内の水産物消費は落ち込み、ことしはホタテ輸入量も減少している。韓国の首都ソウルや釜山などを訪ね、流通事情を探った。


掲載日:2014.06.30

函館・古清商店 新施設9月完成

9月完成予定で建設が進む冷凍冷蔵加工施設

 函館市の水産卸・株式会社マルナマ古清商店(古伏脇隆二社長、電話0138・23・7256)が市内日乃出町で建設を進めている冷凍冷蔵加工施設は9月の完成予定。老朽化、狭隘(きょうあい)化に伴う建て替えで、冷蔵収容能力を従来の2倍に増強。加工場は衛生管理体制を強化する。


掲載日:2014.06.30

えさん漁協尻岸内のブランド「バキバキ」 海峡根ボッケ船上水氷じめ

 えさん漁協尻岸内地区ほっけ刺し網部会(佐藤光行部会長、9人)の「海峡根ボッケ バキバキ」はことしで14年目を迎える。投網後2時間ほどで水揚げし、船上水氷じめした鮮度抜群のホッケで、ブランドとして定着。函館だけでなく、道内外各消費地に流通する。24日、佐藤靖治理事の第88龍王丸(4.6トン)に乗船し、水揚げを取材した。


掲載日:2014.06.30

岩手県の養殖コンブ 素干しを入札に

素干し向けに収穫した養殖コンブの洗浄、ミミ切り(21日、音部地区)

 岩手県の養殖コンブでこれまで相対販売されてきた宮古地区の素干しが今季、入札に移行する。干し(本干し)の前に生産される比較的実の薄い棒製品。100トンを超えるようになり、買受人から入札が望まれていた。同県漁連共販で重茂、田老町の両漁協産を対象に、7月15日と25日の2回の入札が検討されている。


掲載日:2014.06.30

えさん漁協 養殖水揚げ浜に活気

ミツイシコンブの荷揚げ(25日、大澗漁港)

 えさん漁協の養殖コンブ水揚げが各浜で行われており、活気を見せている。日浦、尻岸内、古武井、恵山の4地区は生育途中に芽落ちしたが、株分けなどで可能な限り回復させてのシーズン入りとなった。


掲載日:2014.06.30

日本海イカ釣り 新潟1隻200~300箱 

好漁が続く新潟港のスルメイカ水揚げ。ようやく25尾サイズが増えてきた(26日)

 日本海のイカ釣りは新潟県が盛漁期だ。新潟市地方卸売市場では6月、1隻200~300箱の好漁が続き、40~50隻がシケなければ連日7千~8千箱前後、最高1万4千箱を水揚げ。サイズは引き続き小さめで30尾主体となっていたが、休市明けの26日は25尾が3割以上に増えた。燃油価格が高騰する中、漁場が遠いのがネックだ。


掲載日:2014.06.30

羅臼漁協春定置のトキサケ ハシリから3キロ主体

ハシリに3キロ後半が主体で水揚げ金額を伸ばしたトキサケ(24日、羅臼地方卸売市場)

 羅臼漁協の春定置はトキサケがハシリから3キロ台中心の水揚げ。大型の魚体で平均単価が高く付き、数量・金額とも不振だった昨年同期を大幅に上回り、例年並みの水準で推移している。


掲載日:2014.06.30

岩手県水産技術センター サケ増殖手法を検証

 岩手県水産技術センターは秋からのサケ稚魚生産で、釜石市の熊野川に130万尾規模の実験施設を整備し飼育密度や放流サイズなどを試験する。近年の回帰資源低迷から成育環境を「不適」とみて、潤沢に戻り「好適」だった時代のマニュアルを検証。見直しを視野に、低迷脱出に向け踏み出す。


掲載日:2014.06.30

北三陸、世界ブランドへ キリン絆プロジェクト支援

プロジェクトメンバーや関係機関代表らが記念撮影

 キリンビールマーケティング株式会社(布施孝之社長)は、日本財団(笹川陽平会長)と協力し、岩手県洋野町の水産業関係者有志が取り組んでいる「北三陸 世界ブランドプロジェクト実行委員会」に対し、2千万円の支援を決定。24日に同町の「ひろの水産会館・ウニーク」で、事業方針発表会と同支援金の贈呈式が行われた。


掲載日:2014.06.23

地元に愛され 出張者も歓迎 彩葉(いろは)

 7月で4周年。笑顔が魅力的な一美ママと、「店に来てからのお楽しみ」という「AKBのような」20代前半の女の子が迎えてくれる。
 常連は漁師や加工場など地元水産関係者が多いが、「出張者も大歓迎です」と一美ママ。「イケメンも喜んで」と笑う。
 飲み放題(3人以上)は120分1人3千円で、カラオケも。ママを楽しませたら「特別に150分になる場合もあります」。
 生ビール、焼酎、ワイン、ウイスキー、日本酒など各種アルコールを用意。カウンター8席。午後8時~午前2時。日曜定休。
根室市梅ケ枝町2-19
0153・24・0333


(2014年06月23日付け紙面より)


このページのTOPへ戻る