電子版 電子版サンプル

HOME > 2007年 > 7月

新聞記事

2007年7月の記事一覧

掲載日:2007.07.02

全国植樹祭 晴れやかに開催

両陛下をお迎えして開かれた開会セレモニー

 「明日へ 未来へ 北の大地の森づくり」をテーマに、第58回全国植樹祭が6月24日、苫小牧市静川の「つた森山林」で晴れやかに行われた。天皇・皇后両陛下をお迎えし道内外から訪れた1万2千人が、48種約2万本の苗木の植樹に汗を流した。豊かな生態系を育む森林を守り、育て、次世代に引き継ぐとともに、待ったなしの地球環境汚染対策に向け心を一つにした。

 全国植樹祭の北海道開催は昭和36年、支笏湖畔に昭和天皇・皇后陛下をお迎えして「積雪寒冷地帯の植林」をテーマに開かれた第12回以来46年ぶり2回目。

 道内の水産業界は、全国植樹祭に全面的に協力。協賛金は計59団体、843万円にのぼった。

 また24日当日、記念式典会場の目玉の一つサービス広場コーナーに、えりも漁協、標津町サケ・ホタテ消費流通対策協議会、留萌管内お魚普及協議会が出店、北海道の海の味覚をPRした。

 えりも漁協のメーンは日高産のマツブ。漁業者やえりも町商工会議所、日高支庁水産課職員が参加協力し、マツブのほかコンブ製品、シシャモ、毛ガニの日高特産品やツブ串おでんなどを販売し好評だった。

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2007年07月02日付)


掲載日:2007.07.02

ホタテ大規模に生産 中国・大連

 中国遼寧省・大連市普蘭店の皮口港で1日、大連海徳食品有限公司の加工場が稼働を開始した。ホタテ、アサリを中心に生産から加工まで一環体制で大規模に製品化する同社を取材した。ボイルなど加工処理の中核設備は日本製で、鮮度、衛生管理でも日本の考え方、方式を取り入れる。日米輸出をメーンに中国国内でも販売したい考えだ。ホタテはすでに、日本種の養殖を同市長海県の自社漁場ではじめており、年間5千㌧、来年からは地まきの3千㌧合わせ8千㌧を水揚げする計画。加工場まで船で1時間で搬送できるため、原貝の高鮮度維持が可能だ。日本産の製品市況しだいでライバルとなりそうだ。


(2006年07月31日付)


 | 
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る