電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道南地方で新たな取り組み 低利用海藻アカモクに脚光

新聞記事

道南地方で新たな取り組み 低利用海藻アカモクに脚光

2019年01月14日

北海道東部を除く全国に分布しているアカモク。ボイルすると下のようにきれいな緑色になる


 秋田では郷土食として親しまれ、近年健康食材としても注目が高まっているアカモク。北海道では道南中心に商品展開や研究開発が進む中、浜でも昨年、新たな取り組みが始まった。福島吉岡漁協や福島町などでつくる協議会は養殖に着手。ひやま漁協乙部地区では天然を試験採取した。低利用海藻の価値向上を図り、新たな地場産品創出などに向けて取り組んでいく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る