電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 太平洋毛ガニ 小型組成で弱含み

新聞記事

太平洋毛ガニ 小型組成で弱含み

2019年01月14日

資源回復が待たれる毛ガニ(5日、札幌市場)


 操業中の北海道太平洋沿岸の毛ガニ漁は全般的に組成の小型化などで昨季に比べ単価が落ち込んでいる。大半の海域が資源量低下で許容漁獲量が減枠となっており、減産分を補い切れず、金額が伸び悩み。加えて漁協間で水揚げペースに差も生じている。一部では漁獲サイズの限定や自主規制の設定など資源回復への取り組みも進められている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る