電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > ホッケ、自主的資源管理が奏功して右肩上がり

新聞記事

ホッケ、自主的資源管理が奏功して右肩上がり

2019年01月01日

 極度の水揚げ不振が続く北海道内のホッケは、2016年以降、右肩上がりで推移している。主漁場の道央日本海~オホーツク海では18年の水揚量が10月末段階で4年ぶりに2万トン台を突破。低水準を脱してはいないものの持ち直しつつある。関係者は「沿岸・沖合の自主的な資源管理が奏功した」とみており、今後も継続した資源管理が期待される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る